仁尾の志保山登山 & 風穴

仁尾の志保山登山 & 風穴

仁尾の志保山登山 & 風穴

  • 志保山は荘内半島の付け根に位置し、山頂からは燧灘が一望できます。



  • 三豊市の三野町から仁尾町にまたがる志保山の中腹にある風穴は明治時代に蚕の卵を保管
    する目的で作られ、年1回の孵化を4回に増やすことができ、まゆの収穫に大変貢献しました。


    地元の真鍋正和氏の手により発掘され貴重な歴史資料として、また気軽に登れるハイキング
    コースとして人気スポットになっています。


    場所は丸亀方面からだと鳥坂インター下車、国道11号線を突き抜けファミリーマートを左折
    三野町を抜けて峠を登っていくと左手に『風穴登山口まで200m』の看板がガードレールに
    取り付けられているのが見えます。 このガードレールの内側は三豊市の許可を得て駐車場
    として使って頂いています。





  • 400メートル級の山です


  • 頂上まで約小1時間です





  • そこから歩いて200メートル程進むと、右手に風穴への登山道が見えます。 後は道なりに
    登っていくと、約15分程度で風穴に到着します。



    夏でも風穴の内部は10度程でまさに天然の冷蔵庫ともいえます。






















  • 志保山の山頂(426m)からの眺めは素晴らしく、燧灘が一望です。 眼下には今話題の父母ヶ浜の
    美しい干潟が広がり、登山の疲れも吹っ飛びます。


    また山頂より更に20分程に登っていくと、パラグライダーの基地がありそこからの絶景も楽しめます。









  • ★ 2018年4月26日木曜日に志保山や風穴、パラグライダー基地を縦走する模様押しがあります。
    参加ご希望の方は、26日朝8:30に上の写真の風穴入り口200mと書かれた駐車場に集合してください。


    Copyright © 2018 三豊市観光交流局. All Rights Reserved.