鉾八幡宮

鉾八幡宮

鉾八幡宮

財田上之村・中之村・西之村に、それぞれ鉾を御神体としてお祀りしていたものを天正六年(1578)、時の橘城主大平伊賀守国秀が合祀して現在の七尾山に社殿を建立した。御神体が「鉾」であったことから『鉾八幡宮』と奉称され、秋祭りの季節には神事の前に社務所前で獅子舞が一正に奉納される。

住所
香川県三豊市財田町財田上2336
Copyright © 2018 三豊市観光交流局. All Rights Reserved.