瀬戸内国際芸術祭2019 on 粟島

瀬戸内国際芸術祭2019 on 粟島

2019秋、粟島で海とアートを感じよう!

かつて、世界の海を駆け巡る船員たちの拠点だった粟島。
瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期(9月28日~11月4日)、粟島に、さまざまなアートが集まります。
海に浮かぶ美術館に入ったり、アートを通して生命の循環を感じたり、海の底を想像してみたり…。
ゆったりした島時間の中で、アートに染まる1日を過ごしませんか?

粟島の観光スポットはこちら
▼瀬戸内国際芸術祭2019 on 粟島の最新情報はFacebookから

注目のアート!


粟島には、海に関連するアートや船で楽しめるプロジェクト、気鋭のベトナム作家の作品などがそろい、見どころいっぱいです!詳細はこちら!

注目のイベント!

瀬戸内少女歌劇団「せとうち物語―粟島編-」 撮影:宮脇慎太郎粟島に建てられた、日本初の海員養成学校の物語を演劇で伝える「せとうち物語―粟島編-」、ベトナムの伝統芸能など、さまざまなイベントが楽しめます。詳細はこちら!

一緒に楽しみたい!三豊市周辺の周遊イベント・割引サービス


粟島のある三豊市には、「日本一の夕日の絶景」と言われる父母ヶ浜をはじめ、多くの見どころがあります。芸術祭の期間中は、豪華景品が当たる周遊イベント「みとよクエスト」や割引サービスで、お得に三豊市を楽しめますよ!詳細はこちら!

Special Contents

粟島のことを知れば知るほど、アート鑑賞が楽しくなりますよ! アーティストや粟島島民、ボランティアの方々に、粟島の魅力や作品に込めた思い、作品制作のお手伝いの楽しみを聴きました。


  • ▲ 粟島芸術家村「生命のスープ」作家の大小島真木さんインタビュー!


  • ▲粟島芸術家村「始まりの洞窟」作家のマユール・ワイェダさんインタビュー

  •     


  • ▲ 若手作家を支える粟島島民アーティストの松田悦子さんインタビュー!

  •     


  • ▲ 粟島島民ボランティアの佐藤哲士さんインタビュー!

  •     


  • ▲ ボランティアやってみない? 「海ほたる隊」に聴きました!

アクセス方法

粟島地図

住所 香川県三豊市詫間町粟島
定期船 須田港 → 粟島港(片道約15分)
汽船へのお問い合わせ:0875-83-3204
定期船時刻表はこちら
芸術祭の秋会期中は、同じく芸術祭の会場となる本島、高見島を回る臨時便が1日6便、就航します。詳細はこちら
海上タクシー 海上タクシー いせや TEL:0875-84-6753
(料金などは直接お問い合わせください。)

須田港までのアクセス方法バス時刻表路線図

【詫間線】(名部戸(ナブト)行き 月~日曜日・祝日運行
【詫間三野線】(大浜行き) 月~土曜日(日・祝日を除く) ※芸術祭の秋会期中は、臨時便が出る予定です。詳細は後ほど更新します。
JR詫間駅
バス
約20分
須田で下車
徒歩すぐ
須田港

島での移動手段

瀬戸内国際芸術祭2019の作品は、すべて粟島港周辺にあります。島を散策するのは、徒歩がおすすめです。
【おすすめコース】
粟島港
徒歩3分
粟島海洋記念館
徒歩5分
粟島芸術家村
徒歩15分
西浜
徒歩20分
粟島港

【さらに島めぐりを楽しみたい人向けコース】※粟島の観光スポットはこちらをご覧ください

粟島港
徒歩1時間
自転車30分
ぶいぶいガーデン
上新田港
徒歩3分
ぶいぶいガーデン
徒歩2分
民宿ぎんなん
  • 島のレンタサイクル

  • 粟島では、1日500円で自転車をかりられます。
    借りるも返すもセルフでどうぞ。
    場所:粟島港からルポール粟島に行く途中にあります。(粟島港から徒歩3分)
  • 島のレンタサイクル
  • お問い合わせ

  • 【三豊市観光交流課】 ※三豊市観光交流局ではないので、ご注意ください。
    TEL:0875-73-3013
  • メールでのお問い合わせ(三豊市観光交流課)
    ※事業者で瀬戸内国際芸術祭に合わせたご出店を検討されている方も、三豊市観光交流課までお問合せください。
Copyright © 2018 三豊市観光交流局. All Rights Reserved.