【三豊市フォトコンテスト2022】受付終了いたしました。

[お知らせ]写真家・辰野清と行く撮影会の開催について
フォトコンテスト開催を記念して、特別講師・辰野清さんを招いて撮影会を行います。2022年5月28日(土)香川県三豊市内某所で開催予定。詳しくはこちらから


 

 

趣旨
三豊市観光交流局は、ふるさと・香川県三豊市の自然美の力を信じて観光振興を続けてきました。写真のチカラは、私達のまちの生きる環境や社会、文化の価値を高めてくれると信じています。旧観光協会時代から組織を改編して、現在の観光交流局になり早5年。節目の年を記念し特別審査員に辰野清氏を迎えたフォトコンテストを開催します。あなたの自信作をお待ちしています。

 

テーマ:三豊の四季の風景写真
※どの季節に撮影したものでも、風景写真であれば、建造物や人物が写っていてもご応募いただけます。

 

応募方法
【プリント部門】
① 三豊市観光交流局のHPから応募シートをダウンロードして印刷
② 1作品につき1枚の応募票を、記入漏れがないよう作品裏面に貼付してください。
※ 応募作品が複数になる場合は、1点ごとに同様のシートを貼付して応募してください。
③ 三豊市観光交流局まで持参または郵送
 
【インスタグラム部門】
香川県三豊市観光案内所(アカウント名:@mitoyo_gram)をフォローし、ハッシュタグ「#三豊市フォトコンテスト2022」をつけて投稿すれば応募完了となります。アカウントを非公開としている場合は、対象外となります。
投稿写真には、キャプションに必ず以下の情報を記載してください。
①	タイトル
②	撮影場所
③	撮影年月日
④	使用カメラ
※非公開アカウントの場合は、対象外となります。

 

作品の送り先
〒769-1102香川県三豊市詫間町松崎1642番地2三豊市観光交流局「フォトコンテスト」係

 

作品の返却
応募作品は返却いたしませんので、ご了承ください。

 

主催者
三豊市観光交流局

 

審査員
【プリント部門】辰野 清
【インスタグラム部門】写真専門家を含む主催者で編成する審査委員会

 

プリント部門の特別審査委員:辰野清(たつのきよし)プロフィール
1959年生まれ、長野県在住。インテリアデザイン会社を経営後フリーに。第11回前田真三賞受賞(2003年)。写真集「凛の瞬」「余韻」(風景写真出版) 著書「超実践的フィルターブック」(日本写真企画)など多数。また講師として多くの写真家を育成している。
コンテスト審査員、写真誌執筆、講演会、写真教室講師、カレンダー、ツアー企画など。(公社)日本写真協会会員、日本風景写真協会指導会員、日本写真家連盟常任講師、自然奏フォトグラファーズ主宰、FUJIFILMアカデミーX講師

 

入賞作品発表
入賞作品は、2022年5月下旬以降、入賞者へ直接通知します。各入賞作品は、三豊市観光交流局のホームページで発表いたします。
 

サイズ
【プリント部門】
四ツ切、六ツ切(ワイド可)、A4
カラー、モノクロも可
応募点数:一人8点まで
応募料:無料
※出展料は無料で、応募に係る通信費、輸郵送料は応募者ご本人の負担になります。
 
【インスタグラム部門】
スクエア・縦長・横長、問いません。
カラー、モノクロも可
応募点数:何点でも可能
※1投稿1作品に限ります。

 

応募規定
香川県三豊市の風景を撮影された作品で募集テーマに沿ったものであれば題材は自由。


応募者ご本人が撮影されたものでオリジナル・未発表のものに限ります。過去の作品も受付します。


プリント部門は一人8点まで応募が可能です。ただし同一作品での重複応募はできません。インスタグラム部門は枚制限数はありません。


入賞の際、元データ(フルサイズ)のデジタル版をデータでご提出ください。指定した期日までにご提出いただけない場合、入賞は取り消しとなる場合があります。


ほかの写真コンテストとの重複応募もできません。重複応募が判明した場合は、入賞は取り消しとなる場合があります。


撮影した写真のトリミングは自由です。画像処理ソフトなどを使用し、色調補正程度の加工した作品での応募は可能です。組写真による応募は不可です。


応募作品は、作品が他人の著作権・肖像権を侵害するものでないこと。人物写真の場合は、被写体の方の了解を得てください。(被写体が未成年者ある場合は、親権者の承諾を必要とする)。主催者側は、他人の著作権、肖像権を侵害するような行為があった場合、それに関するトラブルの責任は一切負いません。


作品の撮影場所が立入制限区域外で撮影され、且つ他人の所有権あるいはプライバシー等の私権を尊重したものであることを保証すること。また、撮影は地域ごとのルール、マナーなどに十分注意して行っているもの。


以上の応募作品に関連して法律上の問題、トラブルが生じた場合は、その一切を応募者の責任および負担において解決するものとします。


入賞作品の著作権は撮影者(応募者)に帰属します。


入賞作品の使用権(複製権等を含む、以下同様)は主催者に帰属し、主催者は無償で作品を使用および再製等することができます。


主催者は、作品の自己使用のみならず、作品を第三者に使用または再製等させるなどし、国内外などでの展示のほか、印刷物(営利・非営利目的を含む)、ホームページ、メディア、SNS、各協賛企業の宣伝広告等、写真素材としての提供、その他のPR等に利用することができます。


結果発表および展示会などにおいて、名前等を表示する場合は、氏名、住所(市町村まで)を表示させて頂きます。


応募票に記載された個人情報は、以下の目的のみに利用し、応募者の同意なく第三者に開示することはありません。
 •応募内容の問い合わせを行うため。
 •入賞に関する通知、告知を行うため。
 •主催者による広報活動での作品紹介のため。
 
フォトコンテストに応募した時点で、応募者は本応募規定にならびに応募上の諸条件に同意したとみなします。