樹齢800年のタブの木

樹齢800年のタブの木

財田町タブの木

讃岐財田(さぬきさいた)駅の前には、堂々と大きく枝を広げている樹齢800年のタブの木がある。タブノキ(椨の木)とはクスノキ科の常緑広葉樹林。全国各地でも、神社の「鎮守の杜(ちんじゅのもり)」という参道や神様を拝む場所を守る森林の中に大木として育っていることが多い木だ。
三豊のこのタブの木は、地元の人たちが毎日まわりのお掃除をして、大切に見守り続けている。三豊の人のやさしさがこのタブの木を守り続けたからこそ今も元気に葉を揺らし、行く人の目を和ませてくれるのだ。

住所
香川県三豊市財田町財田上
Copyright © 2018 三豊市観光交流局. All Rights Reserved.