父母ヶ浜フォトコンテスト2021 作品募集‼

昔訪れたあの時の・・・父母ヶ浜の過去写真を募集します!!

旅行やお出かけが難しい昨今、思い出の父母ヶ浜の写真をご応募いただくフォトコンテストを開催します。これからあるべき父母ヶ浜へ「想い」を込めた写真を募集します。

 

 

父母ヶ浜フォトコンテスト

 

 
【趣旨】

父母ヶ浜は、空の景色が砂浜の潮だまりに映り込むことで天空の鏡とも呼ばれ、日本のウユニ塩湖としてSNSで人気となり、年間に訪れる観光客は今や45万人を超えています。

 

人口が減り続けることが予想される香川県三豊市では、地域の最大の特色である「瀬戸内の美」を活かし「観光」を産業化していくことでの、にぎわい創出が求められています。

 

無名だったこの浜にも地域の人達の絶え間ない努力と理解があって今の姿があります。約20年前には埋め立ての危機もありましたが、これからは産業発展とともに、父母ヶ浜に生息する生き物や植物が決して絶えることのない自然環境の保全という相互する課題も解決していかなくてはなりません。

 

このような時代の流れの中で、三豊市観光交流局主催の父母ヶ浜フォトコンテストは、協賛企業と募集テーマを「これからあるべき父母ヶ浜への想い」として設定し、寄せられた作品の中から、そのテーマを巧みに表現した作品を「優秀賞」に、特に優れた一点を「最優秀賞」として選出いたします。

 

なお、入賞作品の一部は、父母ヶ浜の美しい風景を集めた2022年度の「絶景カレンダー」等に掲載させていただき、多くの方にご覧いただく予定です。

 

三豊市観光交流局および協賛企業の関係者がこのコンテストに込めた願いは、協賛企業と作品を応募される写真愛好家、作品を見る一般市民の三者が、自然の美しさや逞しさを知り、そして、そこで生きる人々の暮らしの平安を祈り、共感する場を提供することにあります。

 

そのような想いをくみ取り、作品に反映した素晴らしい写真を奮ってご応募くださいますよう、関係者一同心よりお待ちしています。

 

 

応募作品

3テーマの中から、各テーマにふさわしい写真を応募してください。
白黒・カラーのどちらでも結構です。

 

応募締切

2021年7月31日(土)必着

 

 

 

 

 

 

応募要項をPDFでダウンロード

 

応募票(プリント部門)はこちらからダウンロード

 

桜保全のため、皆さまから心温まるご寄付をいただきました。

 

総額:1,272,455円
皆様のご支援に心より感謝申し上げます。

 

ご寄付いただきました寄付金は、紫雲出山の桜保全・管理のために幅広く活用させていただきます。今後も紫雲出山の桜保全にご支援・ご協力をお願い申し上げます。

三豊市観光交流局

 
 

地元のお店にご協力いただき販売した、募金付きの「紫雲出山サブレ」と「桜クッキー」

紫雲出山第2駐車場からの展望

ドライフラワーになって蘇った紫雲出山のアジサイ。市内のドライフラワー専門店で募金付きで販売されました。

 
 

紫雲出山の保全活用について


 
紫雲出山の桜は樹齢60年が経過しており、老木化が進むとともに、桜の伝染病「テングス病」が山全体に広がり枯死の危機に直面しています。

 

「この美しい風景を未来へ残したい。」

 

地元のアイデンティティーを象徴する景色でもある紫雲出山の桜を守りたいという想いから、三豊市観光交流局では毎年桜募金を募り、桜の保全活動を行っています。
2021年は、病気の枝を大きく切除し、切り口から新芽を育て樹勢を回復させていく広範囲にわたる大規模な剪定を実施いたしました。元気な新芽が出て、樹勢が回復するまでこれまでと同じような風景はしばらく見ることができません。
長い年月をかけた保全計画になりますが、 少しでも多くの方に現状を知っていただき、この美しい風景を未来へ残す準備を進めたいと思います。

「みとよのガイドブック2021」製作します!!

 

三豊の飲食店、宿泊施設、お土産、体験などを紹介する「みとよのガイドブック2021(仮)」を製作いたします。ガイドブックへの掲載を希望する事業者様を募集します。【締切】2021年6月10日(木)
 

  • ▲ みとよのガイドブック(2015発行)68P
  • ▲ことりっぷ(2018発行)15P

≪ガイドブック詳細(予定)≫
・名称:みとよのガイドブック2021版(仮)
・サイズ:冊子(A5サイズ)フルカラー印刷
・発行部数:2万部

・発行予定:2021年11月頃
・頁数:36ページ
・発行:三豊市観光交流局
・掲載条件:三豊市観光交流局の賛助団体会員様※
※令和3年度賛助団体会員の観光事業者のみ
※年度途中入会、追加申込受付中!(年会費:1万円)

※すでにご入会済の会員様(観光関連のお店に限ります。)は掲載する準備を進めています。

 

↓↓賛助団体会員の入会についてはこちら↓↓