最優秀賞

  • 真鍋 学(丸亀市)「天の川を見上げて」

  • 【審査委員長からの講評】

    天の川を撮影するのは難しいが、表現方法が素晴らしい。場所の選び方も良い。

優秀賞

  • 森江 正(善通寺市)「新録に染まって」

  • 【審査委員長からの講評】

    緑を表現してるのが素晴らしい。下から見上げるような構図も良い。全体的に緑色に染まっているので、夏らしさが出ている。

  • 藤川 浩明(三豊市)「旅の始まりを待つ」

  • 【審査委員長からの講評】

    雲が素晴らしい。バス停で待っている人も物語性があって良い。夏の表現がよくできている。

  • 真鍋 学(丸亀市)「大祭のクライマックス」

  • 【審査委員長からの講評】

    切り取った構図、花火の狙いが良い。赤っぽい色合いに仕上げているのも良い。

  • 横山 彰(観音寺市)「月光」

  • 【審査委員長からの講評】

    五重塔の細部にも明かりが当たって浮きだっており、撮影する角度も良い。

観光特別賞

  • 上杉 孝徹(観音寺市)「はじめての春」

  • 【審査委員長からの講評】

    春の雰囲気がよく出ている。思い出に残る春をよく表現している。

市長特別賞

  • 森江 正(善通寺市)「夕暮れはブルー色」

  • 【審査委員長からの講評】

    海に映る桟橋のレフレクションが美しい。

佳作

  • 矢野 秀明(三豊市)「一刻の楽園」

  • 谷口 浩之(高松市)「青い宝石」

  • 佐岡 和正(高松市)「浜辺の一時」

  • 松永 芳基(まんのう町)「聳え立つ」

  • 石角 尚義(三豊市)「新緑のカントリーパーク」