盛りだくさん! 瀬戸内国際芸術祭2019開催中の粟島でのイベント

瀬戸内少女歌劇団「せとうち物語ー粟島編ー」撮影:宮脇慎太郎

瀬戸内国際芸術祭2019秋会期(9月28日~11月4日)の期間中、粟島ではさまざまなイベントが開催されます。粟島に来るスケジュールを立てる際、ぜひ参照ください!

 

▼瀬戸内国際芸術祭2019 on 粟島のトップページはこちら

最終日(11月4日)のイベント(粟島太鼓・獅子舞、詫間町吹奏楽団、島民のお見送り)

粟島太鼓

粟島太鼓 獅子舞

 
瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期の最終日となる11月4日、粟島では、粟島に伝わる獅子舞を詫間中学校の生徒たちが復活させた「粟島太鼓 獅子舞」、地元・詫間町のメンバーを中心とする詫間町吹奏楽団による演奏が披露されます。

 
さらに、粟島港の桟橋では、定期船の出航を島民の方々が紙テープでお見送りします。

 
粟島太鼓 獅子舞披露:粟島開発総合センター(粟島案内所)前で11月4日の9:20頃~、10:55頃~、14:30頃~
詫間町吹奏楽団の演奏:粟島開発総合センター(粟島案内所)前で11月4日の16:00頃~、17:00頃~
船の出航に合わせたお見送り:粟島港の桟橋で、11月4日の14:30頃~、17:15頃~

「種は船プロジェクト」(TANeFUNe)

粟島アート

TANeFUNe

 
「種は人やもの、地域をつなぐ“船”のよう」という発想で造船された「TANeFUNe」に、船長・喜多直人とともに乗って楽しめるイベントです。

 
はじめに桟橋近くの船長小屋で船長の話を聞き、趣旨に賛同いただいた後、調査クルーとなって漂流物を集めに出航!普段はいけない粟島のビーチに行ったりしますよ!膝から下が海に浸かるため、少し濡れても大丈夫な格好で来てくださいね!
詳細は「週刊みとよ ほんまもんRadio!」記事もご確認ください。

 
場所:粟島海洋記念館前の桟橋(直接行って、受付をしてください)
開催日:平日・土日祝とも不定期で運行します。
定員:4人
料金:無料

「瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト」(一昨日丸)

粟島アート

一昨日丸

 

海の遺物が展示される海に浮かぶ美術館「一昨日丸」に乗って楽しめるイベントです。

 

場所:粟島海洋記念館前の桟橋(直接行って、受付をしてください)
開催日:土日祝日の11:30、13:15、15:00~で運行。1回30分ほどです(ただし10月5、12、19日は休み)。
定員:20人
料金:1,000円

 

子どもガイド

カーチュー

子どもガイド

三豊市内の子どもたちが6月から約3か月間、粟島の紫谷山に登ったり、粟島の歴史を勉強したり、地域の方から聞いた話を来場者にお伝えし、アートだけでない粟島の魅力を伝えます。
※「子どもガイド」の詳細が、『週刊みとよ ほんまもんRadio!』に紹介されています!

 

集合場所:漂流郵便局前
開催日:9/29,10/6,13,14,20,22,27,11/3,4の9:50〜、15:30~(各回約60分)
参加費:500円(漂流郵便局入場料・体験料含む。ただし、アート鑑賞は含まれてません)
定員:2~8名
申し込み先:0875-83-3639(平日8:30-17:00)、あるいはtakumatai@mx41.tiki.ne.jpに、日付と参加人数、代表者のお名前と連絡先、ガイド希望時間をご連絡ください。当日のお申込みも承ります。
HPhttp://takumatai.mitoyoshi.com/

 

「Re-ing-Aと想像するところ」

カーチュー

西浜

 

今井さつき、代田江里子によるワークショップ。西浜に現れたRe-ing-Aを眺めながら、浜に流れ着いた漂流物を拾ってそれらがどこから来たのか? 海の中はどうなっているのか? を想像しながら、集めた漂流物で想像するところを作ります。夕暮れには水平線に沈む夕日に照らされるRe-ing-Aを見つめながら、海底を想像します。

 

場所:西浜
開催日:9/28,29 11/2,3,4の10:00〜18:00
料金など:入退場自由、参加費無料
詳細はホームページをご確認ください

 

漂流郵便局


宛て先のない手紙が届く「漂流郵便局」。瀬戸内国際芸術祭の期間中は、通常の第2・第4土曜日に加え、日曜・祝日も開局する予定です。
※「漂流郵便局」は瀬戸内国際芸術祭の作品ではなく、香川県の「県内連携事業」として実施されます。

 

日時:土・日・祝日の9:30-16:30 ※9月28日~11月4日以外の期間については、三豊市観光交流局のホームページをご確認ください。
場所https://goo.gl/maps/qBVzvDY31vtqudUn9
料金:300円

瀬戸内少女歌劇団による「せとうち物語ー粟島編ー」

カーチュー

瀬戸内少女歌劇団「せとうち物語ー粟島編ー」撮影:宮脇慎太郎

 

※瀬戸内少女歌劇団 公演チケットは完売いたしました。当日キャンセルがでた場合のみ、当日券を販売します。当日券の有無は、須田港の受付で直接ご確認ください。

 

日本初の海員養成学校が開かれた場所、粟島では、さまざまな思い出が紡がれてきました。今回は、瀬戸内海で育った少女たちと、かつて少女だった女性たちが「瀬戸内少女歌劇団」を結成。「粟島海員学校物語」を上演します。 詳細は瀬戸内国際芸術祭公式ウェブサイトもご覧ください。

 

場所:須田港~粟島海洋記念館
開催日:10.05/SAT 、10.12/SAT 、10.19/SAT 、10.26/SAT 、11.02/SAT (各日とも10:00~11:30、12:15~13:45で上演予定) ※各回30分前から須田港にて受付開始。
料金:前売り¥2,500 当日¥3,000 (当日はパスポート提示で2,800円)、小中高生:1,500円(前売、当日とも)、未就学児:無料 ※全公演食事付
チケット販売 https://setouchi2019event-e22.peatix.com/
定員:各回20人
原案・構成:北川フラム
演出:大垣里花、三好真理
出演:瀬戸内の少女たちとかつての少女
制作:三好真理(うちんく企画)

ベトナム・ハイフォンの伝統芸能「カーチュー」

カーチュー

ハイフォン・カーチュークラブ

 

※こちらは終了しました。たくさんのご参加、誠にありがとうございました。

1000年にわたってベトナムで受け継がれてきた「カーチュー」。伝統楽器の演奏に合わせて、詩と曲を情感豊かに歌い上げます。2009年にユネスコ世界無形文化遺産にも認定されたこの伝統芸能が、瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期のオープニングとなる9月28日、粟島で響きわたります。
「カーチュー」については、Vietnamese Institute for Musicology制作のドキュメンタリーがYoutubeで観ることができます。こちらは英語のみですが、「カーチュー」の雰囲気を知りたい方は、ぜひご覧ください。

 

場所:粟島海洋記念館
開催日:9月28日※オープニングセレモニー終了後、11:30ごろからを予定。
料金:無料

「一昨日丸」ペイントワークショップ

一昨日丸

一昨日丸

 

※こちらは終了しました。たくさんのご参加、誠にありがとうございました。

海に浮かぶ美術館「一昨日丸」の船底を刷毛で塗るペイントワークショップを9月22日(日)に実施します。詳細はこちらをご覧ください。

 

場所:仁尾マリーナ(三豊市仁尾町仁尾己918-12)
開催日:9月22日(日)10:00~ ※雨天時は23日(月祝)午前10:00~に順延。順延時の連絡は当日9:00までにします。
料金:無料
定員:20名
持ち物:動きやすい格好、飲み物、暑さ対策(帽子など)
申し込み先:三豊市観光交流課(0875-73-3013)にお電話し、氏名と参加人数、連絡先(電話番号)をお伝えください。

みとよマルシェ(ゆめタウン三豊)

粟島アート

ゆめタウン三豊

 

※こちらは終了しました。たくさんのご参加、誠にありがとうございました。

瀬戸内国際芸術祭と併せて、9月にスタートした周遊イベント「みとよクエスト 瀬戸芸の秋篇」。その関連イベントとして、「三豊ゆめタウン」に三豊が誇る名店が集まります。来場者は、「みとよクエスト」のサービスポイントもゲットできます。

開始時間:10月6日(日)10時~
場所:三豊市豊中町本山甲22 ゆめタウン三豊1階
参加店舗:森一誠堂、御菓子司 じょうと、篠原菓子舗、大森商店、千久亭、くろにん、讃岐ラーメンはまんど、さらだくらぶ、DEMI1/2、パティスリーマルヒラ158、へんこつパン、藤田水産、風音、身体+研(カラダラボ)、ケーキ工房れいくんち、cafeにがり衛門、アンファーム、割烹居酒屋 隼、

「みとよクエスト」の詳細ついてはこちら
※「みとよマルシェ」では、クーポンの割引等は使用できません。

須田港での獅子舞

 
※こちらは終了しました。たくさんのご参加、誠にありがとうございました。

瀬戸内国際芸術祭と併せて、地元の須田獅子組が須田港で獅子舞を披露します。

開始時間:10月12日(土)12:40分~、10月19日(土)10:45分~、10月20日(日)10:45~
場所:須田港

Copyright © 2018 三豊市観光交流局. All Rights Reserved.