盛りだくさん! 瀬戸内国際芸術祭2019開催中の粟島でのイベント

瀬戸内少女歌劇団「せとうち物語ー粟島編ー」撮影:宮脇慎太郎

瀬戸内国際芸術祭2019秋会期(9月28日~11月4日)の期間中、粟島ではさまざまなイベントが開催されます。粟島に来るスケジュールを立てる際、ぜひ参照ください!

 

▼瀬戸内国際芸術祭2019 on 粟島のトップページはこちら

瀬戸内少女歌劇団による「せとうち物語ー粟島編ー」

カーチュー

瀬戸内少女歌劇団「せとうち物語ー粟島編ー」撮影:宮脇慎太郎

 

日本初の海員養成学校が開かれた場所、粟島では、さまざまな思い出が紡がれてきました。今回は、瀬戸内海で育った少女たちと、かつて少女だった女性たちが「瀬戸内少女歌劇団」を結成。「粟島海員学校物語」を上演します。 詳細は瀬戸内国際芸術祭公式ウェブサイトもご覧ください。

 

場所:粟島海洋記念館周辺
開催日:10.05/SAT 、10.12/SAT 、10.19/SAT 、10.26/SAT 、11.02/SAT (各日とも10:00~11:30、12:15~13:45で上演予定) ※日程等に変更の可能性があります。
料金:前売り¥2,500 当日¥3,000 (8月中旬以降に申し込み開始予定)
原案・構成:北川フラム
演出:大垣里花、三好真理
出演:瀬戸内の少女たちとかつての少女
制作:三好真理(うちんく企画)

ベトナム・ハイフォンの伝統芸能「カーチュー」

カーチュー

ハイフォン・カーチュークラブ

 

1000年にわたってベトナムで受け継がれてきた「カーチュー」。伝統楽器の演奏に合わせて、詩と曲を情感豊かに歌い上げます。2009年にユネスコ世界無形文化遺産にも認定されたこの伝統芸能が、瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期のオープニングとなる9月28日、粟島で響きわたります。
「カーチュー」については、Vietnamese Institute for Musicology制作のドキュメンタリーがYoutubeで観ることができます。こちらは英語のみですが、「カーチュー」の雰囲気を知りたい方は、ぜひご覧ください。

 

場所:決まり次第お知らせします
開催日:9月28日(時間は決まり次第、お知らせします)
料金:無料

「瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト」と「種は船プロジェクト」

粟島アート

日比野克彦「種は船プロジェクト」

「瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト」では海の遺物が展示される海に浮かぶ美術館「一昨日丸」、「種は船プロジェクト」では「種は人やもの、地域をつなぐ“船”のよう」という発想で造船された「TANeFUNe」によるイベントが、それぞれ秋会期中に開催予定です。
こちらは詳細が決まり次第、お知らせします。

漂流郵便局


宛て先のない手紙が届く「漂流郵便局」。瀬戸内国際芸術祭の期間中は、通常の第2・第4土曜日に加え、日曜・祝日も開局する予定です。
※「漂流郵便局」は瀬戸内国際芸術祭の作品ではなく、香川県の「県内連携事業」として実施されます。

 

日時:土・日・祝日の9:30-16:30 ※9月28日~11月4日以外の期間については、三豊市観光交流局のホームページをご確認ください。
場所https://goo.gl/maps/qBVzvDY31vtqudUn9
料金:300円

Copyright © 2018 三豊市観光交流局. All Rights Reserved.