本文へジャンプ

みとよ 三豊市観光交流局

観る

島と海

みとよは、海と島がすぐそばにある土地。
穏やかな瀬戸内海がいつも優しく見守ってくれます。
船にのれば島に渡るのも簡単。 時間はゆっくり流れます。

粟島海洋記念館

明治30年、粟島に日本初の海員養成学校が誕生。ここから多くの外洋船員が巣立った。昭和62年に廃校になった後も大切に保存されている。大正9年に建築された木造2...

詳細を見る

蔦島

仁尾港沖の大蔦島と小蔦島は、ふたつ合わせて蔦島と呼ばれている。仁尾港からつたじま渡船でわずか7分。気軽に渡れる自然豊かな無人島だ。海水浴場・キャンプ場として...

詳細を見る

志々島

映画「機関車先生」のロケ地として有名になった、詫間沖の島。樹齢1200年以上といわれる大楠は、幹周り14メートル、高さ40メートルで、県の天然記念物に指定さ...

詳細を見る

父母ヶ浜

約1kmのロングビーチを誇る穏やかな海水浴場。毎年夏には、多くの海水浴客が訪れる。美しい夕景でも知られている。ぜひカメラを持って出かけて欲しいスポットだ。...

詳細を見る

鴨之越

浦島太郎がいじめられていた亀を助けたといわれている浜が鴨之越。干潮時には、対岸の丸山島に、歩いて渡ることができる。またここは、絶好の夕焼けスポットとしても有...

詳細を見る

粟島

かつて北前船の寄港地として栄えた島で詫間町の須田港からおよそ15分。 日本初の国立粟島海員学校跡は、現在は粟島海洋記念館として観光施設になって...

詳細を見る

自然美

茶畑の緑、滝となり落ちる水の白さ。
みとよには、自然が生み出す「美」がたくさん残っています。
準備は何もいりません。 心を空っぽにして見に行きましょう。

紫雲出山

三豊市は四国・香川県の西の端っこに位置し、瀬戸内海に北西に突き出た荘内半島から四国山脈までつながる縦に膨らんだ地域。荘内半島は三方向が海に面しており、半島の...

詳細を見る

不動の滝

高さ約50mの絶壁を、岩にあたりながらもほぼまっすぐに流れ落ちる美しい滝。県指定環境保全地域の「さぬき百景」に選ばれており、春は山桜、初夏は若葉、秋は紅葉と...

詳細を見る

フラワーパーク浦島

広大な農地に、マーガレットやキンセンカ、コスモスなどを植えた市営の花畑。中でもマーガレットが満開になる5月の美しさは格別で、一面が真っ白い花に埋め尽くされる...

詳細を見る

樹齢800年のタブの木

讃岐財田(さぬきさいた)駅の前には、堂々と大きく枝を広げている樹齢800年のタブの木がある。タブノキ(椨の木)とはクスノキ科の常緑広葉樹林。全国各地でも、神...

詳細を見る

樹齢1200年の大楠

三豊市詫間町「志々島(ししじま)」の“有名人”である、大楠(おおくす)。香川県の天然記念物に指定されている、神...

詳細を見る

鮎返りの滝

戸川ダムの上流にある、風流な滝。春の若鮎が財田川を昇ってくる時に、この滝の勢いが強かったために先に進めず、返っていったと言われている。規模は大きくないが、豊...

詳細を見る

茶畑

三豊市の高瀬町は、香川県の生産量の6割を占めるお茶の産地。二ノ宮地区を中心とした高瀬町南部の丘陵地帯には、一面の茶畑が広がる。4月末の高瀬二ノ宮ふる里まつり...

詳細を見る

朝日山森林公園

朝日山は通称「あせび山」と呼ばれ、高瀬町の東方・麻盆地の中心に位置する標高238.2m の山。 朝日(旭光)を一番最初に受ける山であることから...

詳細を見る

八十八ヶ所

弘法大使(空海)ゆかりの札所が、ここ三豊にもあります。

大興寺

四国霊場第67番札所 大興寺。 別名「小松尾寺」と呼ばれ、地域で親しまれている。仁王門は見ごたえがあり、寄木造の金剛力士立像は、高さが3.14...

詳細を見る

弥谷寺

四国霊場第71番札所 弥谷寺。 仁王門から本堂までの急勾配な石段は、なんと540段という難所。大師堂は、岩壁を背に、囲まれたように建てられてい...

詳細を見る

本山寺

四国霊場第70番札所 本山寺。 五重塔が立つ境内の景色は壮観。本堂は寄棟造り、本瓦葺きの重厚な建物。正安2年(1300年)の創建で兵火を逃れ、...

詳細を見る

名刹・伝説

歴史や謂れのある神社・仏閣を訪ねるのも旅の楽しみ方のひとつ。
みとよには、四国霊場八十八ヶ所の札所や
海を歩いて渡る神社など、行く価値のある名刹があります。

大興寺

四国霊場第67番札所 大興寺。 別名「小松尾寺」と呼ばれ、地域で親しまれている。仁王門は見ごたえがあり、寄木造の金剛力士立像は、高さが3.14...

詳細を見る

弥谷寺

四国霊場第71番札所 弥谷寺。 仁王門から本堂までの急勾配な石段は、なんと540段という難所。大師堂は、岩壁を背に、囲まれたように建てられてい...

詳細を見る

本山寺

四国霊場第70番札所 本山寺。 五重塔が立つ境内の景色は壮観。本堂は寄棟造り、本瓦葺きの重厚な建物。正安2年(1300年)の創建で兵火を逃れ、...

詳細を見る

逆瀬池

竜神伝説の残る逆瀬池は「さぬき百景」のひとつに数えられ、四季折々に風情ある姿を見せてくれる。中部用水の水源地で、稲作用水として昭和31 年(1956 年)に...

詳細を見る

石の塔

高瀬町下勝間に広がる田園風景の中に、静かにたたずむ石の塔。全国的にも作例のない「異形十三重層」の塔は、威厳と風格をたたえてそこに立っている。 ...

詳細を見る

浦島伝説

浦島太郎の伝説は、日本国内十数カ所にあるが、三豊市詫間町もそのひとつ。詫間町の場合、浦島伝説にまつわる地名、遺跡が数多く残っている。以下はその代表的なもの。...

詳細を見る

津嶋神社

香川県三豊市三野町の沖に浮かぶ小さな島に奉られている津嶋神社は、子供の健康と成長の守り神。毎年8月4・5日両日の夏季大祭には海岸から島まで渡り橋がかかけられ...

詳細を見る

神社・仏閣

藤の花で有名な「萬福寺」や、ボタン祭りで賑わう「薬王寺」など
神社・仏閣もたくさんの方が訪れます。

鉾八幡宮

財田上之村・中之村・西之村に、それぞれ鉾を御神体としてお祀りしていたものを天正六年(1578)、時の橘城主大平伊賀守国秀が合祀して現在の七尾山に社殿を建立し...

詳細を見る

船越八幡宮

神亀元年(724)の鎮座と伝う。天下奇異のこと多く卜(ぼく)した所、八幡大菩薩の社を南海に建つべしと奏したので社殿を造営した。造営が完了したころ、神客十体が...

詳細を見る

浪打八幡神社

伝えによると、推古天皇十二年(604)8月14日、高村親王の創建といわれる。神像は敏達天皇の作と伝えられる。大昔からの大社で、琴弾八幡宮・熊岡八幡宮とともに...

詳細を見る

三宝荒神

船越八幡神社の境外摂社で、百々手祭(旧 2月1日)は香川県の県指定無形民俗文化財の指定を受けている。生里の百々手祭はほぼ昔のまま受け継がれている。天下泰平・...

詳細を見る

薬王寺

本尊は薬師如来。明治維新まで菅生神社の別当寺だった。 境内には、明治に菅生神社から移設した本地堂・鐘楼のほか、本堂・大師堂・客殿庫裡・山門などがある。 ...

詳細を見る

大興寺

四国霊場第67番札所 大興寺。 別名「小松尾寺」と呼ばれ、地域で親しまれている。仁王門は見ごたえがあり、寄木造の金剛力士立像は、高さが3.14...

詳細を見る

弥谷寺

四国霊場第71番札所 弥谷寺。 仁王門から本堂までの急勾配な石段は、なんと540段という難所。大師堂は、岩壁を背に、囲まれたように建てられてい...

詳細を見る

本山寺

四国霊場第70番札所 本山寺。 五重塔が立つ境内の景色は壮観。本堂は寄棟造り、本瓦葺きの重厚な建物。正安2年(1300年)の創建で兵火を逃れ、...

詳細を見る

津嶋神社

香川県三豊市三野町の沖に浮かぶ小さな島に奉られている津嶋神社は、子供の健康と成長の守り神。毎年8月4・5日両日の夏季大祭には海岸から島まで渡り橋がかかけられ...

詳細を見る

サイト内検索

このページの先頭へ戻る